プラセンタにも色々種類が!オススメのプラセンタはこれだ!

数年前から何かと話題のプラセンタ。美容はもちろん健康にも嬉しい効果を発揮してくれます。

ところで、プラセンタにはたくさんの種類があるんです。gf1420285920
大きく分けて5種類ほどに分類されます。
プラセンタとしての総合的な効果は同じですが、摂取するのに効果的かそうでないか。濃密でないかどうかなどをみていくと違ってきます。

それぞれのプラセンタの特徴についてご紹介しましょう。

【馬プラセンタ】

このサイトでも一押しのプラセンタです。馬プラセンタは、人のアミノ酸組織と非常によく似ていて、
量産型の豚プラセンタとくらべてみると、アミノ酸含量やその他の栄養に含まれているのは約300倍も違います。
また豚にはない栄養もたくさんあるので、栄養価としてはとても高いです。
安全性はとても高く厳しい管理の元、飼育された馬のプラセンタが抽出されるので、値段は少々高めですが、効果は高いです。

【豚プラセンタ】

豚プラセンタは量産しやすいプラセンタです。身近なドリンクにプラセンタが入っていたらその多くは豚由来のプラセンタがほとんどです。
豚は動物でも病気にかかりやすいですが、SPF豚なら管理が厳しいので、豚のプラセンタを選ぶならSPF豚にすることが望ましいでしょう。

【ヒツジプラセンタ】

羊の胎盤から抽出されたプラセンタです。羊のプラセンタは馬のプラセンタと同じく人のアミノ酸に限りなく近い栄養をもっています。
病気にかかりにくいですが、日本では感染症が心配されているため、安全性の高いニュージランド産などの輸入品になるので。少々高めです。

【人プラセンタ】

人プラセンタは、市販では手に入りません。医療機関に行くとプラセンタ注射を受けられるので、それに使用されています。
保険も適用できるので、即効性を得たい人にオススメです。プラセンタそのものは、安全性が認められた全国の婦人科から集められます。値段は高めです。